日々のレポート

演奏風景

うらんたん文庫(福岡)のライブ・レポート

今日は福岡「うらんたん文庫」さんでの初ライブでした。
お越し下さった皆さん、ありがとうございました!

まず驚いたのは、うらんたん文庫さんが、とにかく素敵な空間なこと!
近所にあったら、しょっちゅう来ちゃう!

溢れるような本本本、所狭しと雑貨やアートなど飾られているけど、このごちゃごちゃ感が心地よい。そして2階のこども本のスペースがまた素晴らしくて。本好きな子どもなら1日いても飽きないでしょう…

今回は、北海道に移住した詩人・稲尾教彦(のりへい)くんの帰省に合わせて、シンガーおきつななこ、僕との3人で企画。ピアノのなかったうらんたん文庫さんが、なんとピアノを置いてくださり(!)、開催の運びとなりました。早々と満席になり、本当に有難いことでした。

のりへいくんと久しぶりに共演しましたが、彼が、日々コツコツ、コツコツと積み重ねて努力してきたものが、そのまま、彼の発する一音一音に表れていて、背筋の伸びる想いでした。表現するということ、その細部にまで魂を込めるということ、それがすべてに感じました。彼の表現に触れるということは、彼の魂に触れること。ふだんついつい気にしてしまうような、表面的な悩みなど何にも気にする必要はなく、ただ魂の赴くままに、本質を追求していけばいい。そう言われているようでした。

新曲の「夕凪」も初披露。とてもいい曲に仕上がりました。「くらげの夢」「てぃんさぐぬ花」は娘つむぎ参加バージョンでお届けしました。僕のソロは、一番古い曲「息をして」で、いつもは鍵盤ハーモニカを吹いている間奏部分で、のりへいくんに詩を重ねてもらいました。そして、僕らが初めて共作した「みずよとわに」では、歌、詩の語り、ピアノが、クライマックスで重なりあいました。

うらんたんさんがご用意してくださった打ち上げは、クリスマスパーティのような感じで、お客さんも交え、大盛り上がりでした。

うらんたんさん、のりへいくん、ななちゃん、つむぎ、皆さん、
本当にありがとうございました!

 

おすすめレポート
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
会場写真
夢のかなたへ@モンネポルト(長崎)のライブ・レポート
テキスタイル作家・椎原由紀子とピアニスト重松壮一郎による8日間のイベント「Exhibition of Textile Ar...
Anne Bakkerとの連弾風景
オランダ&ベルギー・ツアー2018(6)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第8日目。 今夜はオランダのAmersfoortのstudio-FCGで、 オランダ...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと