日々のレポート

手

15周年コンサートに向けて想い

明日の15周年記念コンサートの、プログラムを作った。
プログラムといっても曲目が並んでいるのではなく、
お越しくださった皆さんへのごあいさつ文。

2月の東京の記念コンサートの時と明らかに違うのは、
生まれ育った関東でも、音楽活動をスタートさせた東京でもなく、
地縁も血縁もないなか移住した、九州での開催だということ。

7年前、皆さんに温かく迎えていただき、
長崎が旅立つ場所、帰る場所になった。
そして何より、地元のために汗をかきたいと思う場所になった。
どこにいてもそうだけど、このつながりがなければ、僕は生きていけないし、
僕の家族も生きていけない。

僕のように、インディペンデント(独立系)で活動している人は皆そうだと思うけど、
バックアップしてくれる組織も団体もないということは、すべて自己責任。
やりたいことをやれる自由と引き換えに、ともなう苦労がある。

でも、手伝ってくれる仲間がいて、いつも応援してくれる人がいて、家族がいて、
決して多くはないかもしれないけど、僕の音楽を愛してくれ人がいて。
「今ごろ、あいつもがんばってんだろうな」って思える、
同じように、自分の道を生きている同志がいて。

そのみんなのことを想うと、
僕は涙があふれてしょうがないのです。

だから、僕はどんなに苦しくても、ブレずに、
感謝の気持ちだけを抱えて、音楽に向かえるのだと思います。

ありがとう。

明日はただまっすぐに、音に向かいます。

 

おすすめレポート
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
会場写真
夢のかなたへ@モンネポルト(長崎)のライブ・レポート
テキスタイル作家・椎原由紀子とピアニスト重松壮一郎による8日間のイベント「Exhibition of Textile Ar...
Anne Bakkerとの連弾風景
オランダ&ベルギー・ツアー2018(6)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第8日目。 今夜はオランダのAmersfoortのstudio-FCGで、 オランダ...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと