日々のレポート

ライブ風景

Akané Collective@アルカスSASEBO(長崎)のライブ・レポート

アスカスSASEBOにて開催した「Akané Collective 〜 花とピアノのコンサート」、無事に終えることができました。まずはとにかく、コロナ禍にもかかわらずお越しくださった皆さんに、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

昨年2月にオランダで公演。昨年の夏にはオランダの美術館での公演も決まっていたのですが、コロナであえなく中止に。ですので、今回の日本公演はやっと実現できた大切な機会でした。コロナの心配もあるし、その影響で多くの方に足を運んでいただけないかもしれないけど、開催するんだという揺るぎない想いを持ち続けていました。無事に開催できて本当によかったです。

 

  

このユニットは、僕とフラワーアーティストのヒームストラ舞のユニットで、約2時間のステージで、お花の大きなインスタレーションと、ピアノの即興演奏が、一つの舞台を作り上げます。コンサートでもあり、アート作品でもあるような舞台です。

舞ちゃんのインスタレーションは、毎回異なります。それに呼応する僕のピアノも即興なので毎回異なります。今回、彼女がどんな作品を作ろうとしているのか、僕はあえて聞かないようにしましたし、舞ちゃんも用意したオブジェクトを組み上げていくのは本番のみで、即興的です。終わったら数分後には壊してしまうので、本当にその場限りの、生まれては消えてゆく時間・空間そのものが作品とも言えます。

 

今回の彼女の作品は、最新の彼女を感じるもので、新しいアイディアもたくさん盛り込まれていて、一番近くでピアノを弾いている僕としても、とても刺激に溢れた、素晴らしいものでした。言葉ではなかなか言い表せないので、写真をご覧くださいね。今回は、森裕美さんに照明をお願いしたのですが、素晴らしい演出効果と表情をつけてくださいました。照明の大切さを心底思い知りました。

 

僕らは、生きている感覚、生命の感覚、生の感覚、五感を、作品やステージを通して、参加者の皆さんと分かち合ったり、触れ合ったりします。現代社会は生の感覚から遠ざりがちで、コロナでそれが加速し、どんどん狭まっているだけに、こうしたステージの存在意義を強く感じています。

 

このあと4月には、舞ちゃんがオランダに帰国し、僕の夏のオランダツアーが今年は難しいことを考えると、次回公演は、なかなか実現できないかもしれません。この貴重な機会にお越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。

また今回、会場に来れなくとも、遠くからエールを送ってくださった皆さん、ありがとうございました。撮影した映像で、DVDをつくる予定です。またお知らせしますね!

そして舞ちゃん、本当にありがとう!

 

 

おすすめレポート
ヒームストラ舞ちゃんと
オランダ・ツアー2020冬(8)
冬のオランダツアー7公演目、最終公演。 BalkのDe Treemterでのイベント「Japan Experience」への出演で...
Anne & Soso
オランダ・ツアー2019(4)
オランダ・ツアー2019、第8日目。 今日は今回のツアー3公演目。 AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダ...
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと