日々のレポート

ライブ風景

させぼ文化マンス 〜 みんなでつくる こどもコンサート(長崎)のライブ・レポート(2)

今日は「第10回 させぼ文化マンス」2日目でした。
お越しくださったみなさん、ありがとうございました。

「SASEBOここから楽団」としてステージに立つ「みんなでつくる こどもコンサート」。
1日目よりも少しリラックスできたのか、より笑顔で楽しくステージに立てたみたいで、回を重ねるごとに、成長していっているのを感じました。とっても大きなホールの大きなステージだけど、堂々としていました。

 

ライブ風景

リハーサルから始まり、ラジオに出てアピールしたり、外でチラシ配って宣伝したり、終わった後にもインタビューを受けたり。1日ずっと大活躍な子どもたちでした。「インタビュー受けたい人!」「次の曲紹介したい人!」「この曲のソロを歌いたい人!」と、こちらからの呼びかけに、みんな積極的に手を上げてくれて、誰を選ぶのか大変なくらい。それぞれの個性が素直に出ていて、本当にみんなかわいいです。

今年は小さな子のメンバーが増えました。3歳から中2まで幅広い年齢層。歳上の子が、歳下の子をいつも気にかけて、面倒をみてくれています。だから、下の子たちはママがそばにいなくても、安心してあのでっかいステージに立てるんだなぁと思います。お姉さんお兄さんたちの歌や演奏に影響されて、私も次はソロを歌いたいなぁ、曲紹介やってみたいなぁと思う。上の子たちも、下の子たちが無邪気に歌ったり踊ったりするのに影響されてか、以前より楽しそうに演奏してくれていると感じます。本当に、育ち合っているんだなぁと思います。

 

ライブ風景

今年は「あかねこのうた」という新曲が加わりました。これは僕が6月頃に作った歌で、それぞれの個性を認め合おうというテーマです。同調圧力や、いじめ、差別、出る杭を打ったり、校則が厳しかったり、なにかと息苦しい子どもの世界、そして世の中です。でもこの曲では「わたしはわたし。それでいい!」と高らかに歌い上げる歌詞になっています。他人の個性を認め、自分の個性も堂々と発揮して育ってほしい、という願いを込めています。この曲を子どもたちがとても気に入ってくれて、ステージ上だけでなく、ふだんも口ずさんでくれているのが、今年、僕が一番嬉しかったことでした。

 

ライブ風景

このプロジェクトで大切にしているのは、大人があれやれ、これやれと命令しないこと。逆に、すべてやってあげたりもしないこと。あくまで、子どもたちが主体であり、大人が色々と準備をしてあげて、取り組みやすい状況を作ってあげるけど、あとは子どもたちに任せています。子どもたちはそれぞれ創意工夫して取り組みんでいますが、とても自然に、楽しんで、お互いに助け合っています。あとは、大人も楽しんじゃって、いい意味で子どもを巻き込むこと。子育て全般に通づることですよね。情操教育とか云々カンヌン、頭で考えてする必要はないんですよね。

 

「SASEBOここから楽団」の活動は、「させぼ文化マンス」をメインに、他にも県内各所で出演したり、楽器作りワークショップをしています。気軽に声をかけてくださいね。

子どもたち、保護者のみなさん、そしてプロジェクトのメンバー、
本当にありがとうございました!

 

集合写真

 

おすすめレポート
ライブ風景
共生する音楽 メイン公演@アルカスSASEBO(長崎)のライブ・レポート
今日は「共生する音楽 〜 SYMBIOTIC MUSIC」メイン公演@アルカスSASEBO。 無事に終えることができました...
Anne & Soso
オランダ・ツアー2019(4)
オランダ・ツアー2019、第8日目。 今日は今回のツアー3公演目。 AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダ...
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと