日々のレポート

自宅ピアノ

作曲依頼の話

先日、ある映像作家さんから、映像用音楽の制作依頼をいただきました。
70分間のドキュメンタリーで、9曲必要。
そのうち、オープニングとエンディングは、テーマ曲っぽいものにしたいというご要望でした。

スケジュールがタイトで、
3日間で作曲、1日でレコーディング、2日で編集でしたので、
濃密な数日間でしたが、無事に納品できました。

とても喜んでいただけ、すべて1発OKでした。
「重松さんに頼んで本当に良かった」とおっしゃっていただけた時は、本当に嬉しかったです。

いくら、僕の音楽が好きでご依頼くださったとはいえ、
僕はずっと自分の作りたいままに曲を作ってきたし、
自分の表現したいこと、自分の感情や、思想などがそのまま音になるような音楽です。
だからご要望に合うように作曲する今回の機会は、チャレンジでもありました。

 

今回、良かったなと思うのは、
このドキュメンタリーが数百年に一度の大プロジェクトを記録した素晴らしい内容で、
映像もすごく良かったというのも、まずはありますが、
テーマが、仏教だったのです。

内容は詳しくは書けませんが、
ブッダが苦悩の中から、悟りを開き、涅槃まで至る道のりも描かれています。
僕はもともと、ブッダも仏教の考え方も、とても好きなので、
イメージしやすく、想いもこめやすかったのです。

重み、厳かさ、力強さ、苦しみ、澄み切った清々しさ、慈しみ、
輝く光の中で、ブッダが力強く、前進しているような、
そういうもの感じさせる音楽にしたいと思いました。
ピアノという西洋楽器ですが、決して西洋風にならないように、使う音階なども気をつけました。

 

コロナで、ライブ以外にも、音楽の仕事の幅が広がりつつありますが、
それも多くの方がこうして声をかけてくださるおかげです。
本当に感謝です。

 

ちなみに…
もし修正が入ると、作曲し直すのは仕方ないとしても、
またスタジオを借りて、レコーディングせねばなりませんでした。
生ピアノだと、自宅で録音できない厳しさはありますね。
家に、スタインウェイやベーゼンがあればな〜

 

おすすめレポート
ライブ風景
共生する音楽 メイン公演@アルカスSASEBO(長崎)のライブ・レポート
今日は「共生する音楽 〜 SYMBIOTIC MUSIC」メイン公演@アルカスSASEBO。 無事に終えることができました...
Anne & Soso
オランダ・ツアー2019(4)
オランダ・ツアー2019、第8日目。 今日は今回のツアー3公演目。 AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダ...
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと