ライブ・スケジュール

フライヤー

樫原秀彦 + 重松壮一郎
〜Guitar & Piano Live

弾けあうパッション、広がる音の宇宙

 

ふたつの魂が重なり、ジャンルを超えて、心を震わせる音を紡ぎ出す

樫原秀彦&重松壮一郎人と自然をつなげるようなオーガニックな音色を響かせるピアニスト重松壮一郎。
NYで学んだフラメンコギターをベースにした熱い音を響かせるギタリスト樫原秀彦。
何にも縛られない自由な魂で、予定調和なしの即興セッションを繰り広げます。

螺旋のように絡み合う2人の旋律が、時には弾きあい、時には調和する。
オリジナル曲から即興演奏まで、ジャンルを超えて心を打つ、そのとき限りの音。
生演奏でしか体験できない感動をお届けするコンサートです。

新型コロナウィルスの影響で、生の音の響きに身を浸す機会が貴重になった今、真摯にまっすぐと音楽に向かう2人の魂に、ぜひ触れにいらしてください!

 

★熊本県の時短要請に従い、時間変更になりました
 
(変更前)
開場19:30 開演20:00
 
(変更後)
開場18:00 開演18:30
 

 

会場

寿限無
熊本県宇城市不知火柏原526-1
tel: 090-1366-0373

 

ご予約・お問い合わせ

寿限無
tel: 090-1366-0373

 

プロフィール

重松壮一郎

重松壮一郎(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)

即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代、国境を越え、人々を魅了し続けている。アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、原爆の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。アルバム「tsumugi」「いのちの音」「このほしのうた」、シングル「僕がいたこと」は、iTunes、Amazon等にて、好評配信中。また、重松壮一郎 YouTubeチャンネルでのライブ配信、Podcastにてネットラジオ「Soso’s Radio」も配信を行なっている。

 

樫原秀彦樫原秀彦(ギター)
フラメンコギタリスト 、作曲家 、即興演奏家。千葉県出身、熊本在住。シンプルで美しいフラメンコギターを奏でるギタリスト。ソロでの演奏活動を軸に、ジャズ、クラシック、民族音楽のミュージシャンとのコラボレーションを好み、ジャンルの垣根を超えた音楽をクリエイトし続けている。1990年に渡米。ニューヨークにてAIGを卒業後、ロシア人フラメンコギタリスト、イゴー・エルーソ氏に師事。1997年7年半のN.Y.での音楽修行を経て帰国。2001年〜フラメンコと民族音楽を融合したバンドALMA、2011年〜Universal Flamenco Orchestra を結成。18年間の東京での音楽活動を経て2015年に熊本へ移住。2017年〜新ユニットSolamondを結成 。2018年ファーストアルバム「Um Coração〜心をひとつに」をリリース。2019年 2nd ソロアルバム「Answer〜応え」をリリース。その他の発表作。2003年 ALMA「Silencio〜静寂」。2012年 樫原秀彦「流れ行く先に〜3.11」。

 

終了したイベントです。

関連ライブ
フライヤー
重松壮一郎ピアノ・コンサート
水の月の夕べ
生の音を浴びて、生きているという感覚を呼び覚ます 古民家で紡がれる梅雨の夜のピアノに浸って 梅雨の...
おすすめライブ
タイトル画像
お花とピアノ・コンサート
オンライン・レッスン
花と音を通して、クリスマスを感じる時間を。 オンラインでお花のレッスンとコンサートに参加できます...
フライヤー
樫原秀彦 + 重松壮一郎
〜Guitar & Piano Live
弾けあうパッション、広がる音の宇宙 ふたつの魂が重なり、ジャンルを超えて、心を震わせる音を紡ぎ出...
フライヤー
重松壮一郎ピアノ・コンサート
in ちゃぶ台
生の音を浴びて、生きているという感覚を呼び覚ます 古民家で紡がれる師走の夜のピアノに浸って 冬の夜...
フライヤー
うらんたんライブ Vol. 24
重松壮一郎ピアノ・コンサート
Improvisation in Urantan
魂を癒す音に、包まれる時間を 10名限定。ブックカフェ「うらんたん文庫」で紡がれるその日限りの音。 ...
スケジュールアーカイブ
地域
キーワード