ニュース

演奏風景(ベルギー)

2018年もありがとうございました

暮れゆく2018年に感謝して

 

こんにちは、ピアニストの重松壮一郎です。
あと少しで2018年が終わろうとしています。

今年も、全国津々浦々、たくさんの場所を周り、
たくさん演奏し、たくさんの方に、音を届け、つながり合うことができました。

ライブにお越しくださった皆さん、
応援してくださった皆さん、支えてくださった皆さん、
演奏のご依頼をくださった皆さん、
本当に、ありがとうございました!

 

2018年のハイライト

昨年に引き続き、オランダとベルギーでツアー。
オランダの即興ピアニストAnne Bakker氏との連弾ライブが実現できたことは、
本当に嬉しいことでした。

 

また、僕が言い出しっぺで始めた野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC」も第2回を迎え、さらに多くの皆さんにお越しいただくことができました。

 

そして何より特筆すべきは、娘つむぎ(小2)の音楽的成長と、
二人でたくさんのステージを踏めたことです。
日本だけでなく、海外でも歌い、演奏し、みなさんに喜んでいただけました。
今年最後のライブは4日間6公演のツアーでしたが、そのすべてに出演してくれました。
今年の僕と娘を、象徴するような4日間でした。
CD「こどものじかん」もすでに120枚以上、買っていただいています。

 

そうやって、いろんなことが、前へ前へと歩みを進め、
少しずつですが、僕も進化できているかなと感じています。

 

2019年はプロ活動15周年のアニバーサリー・イヤー!

フライヤー来年は、僕のプロ活動15周年のアニバーサリー・イヤー。
2004年にwebデザイナー/ディレクターとして勤めていた会社を辞め、いきなりピアニストに転向してから15年になります。

2月14日には、東京・紀尾井町サロンホールにて、
プロ活動15周年記念コンサート」も開催します。
皆さん、ぜひお越しくださいね!

こうした大きなイベントも企画するとは思いますが、
今年以上に、小さなライブで全国をコツコツと周りたいです。

また、子どもたちに向けたコンサートも、増やして行きたいと思っています。
海外ツアーは、来年も8月にヨーロッパに行く予定です。

 

僕は自分でライブを企画することが多いですが、
演奏依頼もたくさんいただいております
演奏依頼、お待ちしています!)。

応援していただき、助けていただき、
皆さんのおかげで演奏が実現し、生きることができています。

来年もまた各地で皆さんとお会いできることを、
そして、音を通してつながりあえることを、
楽しみにしています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました!

 

2018年 大晦日
重松壮一郎

 

 

最新ニュース
カテゴリー
年ごと