日々のレポート

演奏風景

8.9 NAGASAKI PEACE CONCERT(長崎)のライブ・レポート

今日は「8.9NAGASAKI PEACE CONCERT 2019」。
長崎市内4ヶ所でライブして周りました。
今年で5年目。
今年は、先週、広島から受け継いだバトンを、長崎につなぐ気持ちでした。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!
 
 
1公演目は、シビックール。
シンガー大塚れな、倍音奏者シマカワコウヂ、ピアニスト重松壮一郎、そして娘つむぎも出演。
小さな子どもたちもたくさんいましたので、途中で僕が絵本「ざっそう」の読み語りをしました。
原爆がテーマになっていますが、子どもでも身近な問題として感じやすい作りになっています。
最後は毎年恒例、みんなでセッションし、平和な世の中で、音をかき鳴らせる自由を、みんなで感じました。
 
2公演目は、りぼん。
シンガー大塚れな、ピアニスト重松壮一郎、つむぎも出演。
小さな空間だからこそ、お客様ととても親密な関係を築けます。
1公演目に引き続き、福岡から来てくださったココペリーナの皆さんが、手話で参加してくださいました。
途中で、アーサービナードさんの紙芝居「ちっちゃいこえ」をさせていただきました。
読みながらちょっと涙ぐみそうになりました。
 
3公演目は、ティア長崎銅座店。
シンガーおきつななこ、ピアニスト重松壮一郎、つむぎも出演。
ライブのお客様だけでなく、たまたまお食事に来られたお客様も喜んでくださいました。
原爆をテーマにした「忘れえぬ記憶」、3.11レクイエム「地球(ほし)のこもりうた」ができて嬉しい。
つむぎも「くらげの夢」で参加してくれました。
 
4公演目は、カフェけやき。
シンガーおきつななこ、ピアニスト重松壮一郎、つむぎも出演。
ここでも紙芝居「ちっちゃいこえ」をさせていただきました(定番になりそうだ)。
小さな空間で、千秋楽。
毎年そうですが、どこかほっとするこのお店で終えれて嬉しい。
  
 
5年前にスタートした時は、直前の思いつきで急遽決めて、演奏して周りました。
それぞれ本当に小さなコンサートです。
告知もそれほどできず、参加者も、関わる人もそれほど多くはありません。
 
5年間続けてみて、来年はもっと力強く発信できる形にしたいなと思いました。
例えば、自分が会場を周るだけでなく、
どこか拠点を決めて、そこの会場に複数のアーティストが出演する形と、二本立てとか。
それと、長崎にも眠っているであろう、被爆ピアノを演奏したいと思いますし、
広島からもゲストを招いて、連携するようなプロジェクトもいいかなと。
 
いずれにせよ、
もっと力強い形で、もっと多くの方と、8月9日に長崎でつながりあい、
音楽でできることを表現し、伝えていきたいと思っています。
早めに準備しなきゃね。
 
ご協力いただける方がいらしたら、お声をお掛けください。
よろしくお願いいたします。
 
みなさん、ありがとうございました!
 
 
おすすめレポート
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
会場写真
夢のかなたへ@モンネポルト(長崎)のライブ・レポート
テキスタイル作家・椎原由紀子とピアニスト重松壮一郎による8日間のイベント「Exhibition of Textile Ar...
Anne Bakkerとの連弾風景
オランダ&ベルギー・ツアー2018(6)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第8日目。 今夜はオランダのAmersfoortのstudio-FCGで、 オランダ...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと