日々のレポート

ライブ風景

相浦光キリスト教会(長崎)のライブ・レポート

今日は長崎県佐世保市の相浦光キリスト教会でのソロ・コンサートでした。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました。

ライブがすべて中止・延期になった1、2月を経て、2ヶ月半ぶりに無事に開催できたコンサート。
お越しくださったお一人お一人に、本当に感謝です。

こちらで演奏するのは3回目です。
白い空間に光が美しくさし、高い天井に音が柔らかく響く空間。
ここにいるだけで穏やかで、清々しい気持ちになれます。
そして、牧師さん、信徒の皆さんがいつも暖かく迎えてくださいます。
僕にとっては、コロナの困難な時にあっても、希望や癒しをいただけ、救われた気持ちになれる場所です。

 

ライブ風景

佐世保市は今日までがまん延防止措置期間でした。
僕は芸術は不要不急ではないと思っているし、国もコロナ対策をした上でのイベント開催を認めています。
それでも、ほとんどの人が、行動を自粛してしまう。
もちろん、それぞれの想いや立場や事情で、自粛して当然ですが、社会としては足踏み状態です。
飲食店のように補助金が出るわけではない、僕ら舞台関係者にとって、苦しい状態が続いています。

今日のコンサートも、10名も集まらないかもな…と覚悟していましたが、
思っていた以上に多くの方にお越しいただけました。

今日のテーマは、「春の祈り」。
冬から春へと移ろう季節の音、春がきた喜びの音、
そして、ウクライナの人々と、ロシアを含む平和を願う世界中の人々のことを想い、祈りの音を紡ぎました。

 

ライブ風景

後半の1曲目「地球(ほし)のこもりうた」は、11年前の3.11東日本大震災の時に生まれた曲。
今日は、ウクライナの地下壕で、我が子を抱きしめるお母さんたちのことを想い、演奏しました。

そして、ゲストで出てくれた娘つむぎが歌ってくれた「菩提樹がうたうとき」。
どんなに貧しくとも希望を見失わないことを曲にしており、讃美歌をイメージして作った曲でもありますので、教会というこの空間で演奏したかった曲です。
つむぎの歌声もまっすぐで、とてもよかった。
皆さんにも届いたようで、とても嬉しいです。

ずっと続く景気低迷、コロナ、そしてウクライナ危機と、
前途多難なこの世界ですが、希望を見失わず、歩んでいきたいです。

ありがとうございました!

 

おすすめレポート
ライブ風景
共生する音楽 メイン公演@アルカスSASEBO(長崎)のライブ・レポート
今日は「共生する音楽 〜 SYMBIOTIC MUSIC」メイン公演@アルカスSASEBO。 無事に終えることができました...
Anne & Soso
オランダ・ツアー2019(4)
オランダ・ツアー2019、第8日目。 今日は今回のツアー3公演目。 AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダ...
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと