ライブ・スケジュール

フライヤー

生きとし生けるものすべてに向けた音 vol.60
〜梅雨の森のピアノ・コンサート

水のめぐみを感じをながら、森で生まれる音に包まれて

森の自然と調和する半野外コンサート

” 細胞にとけてく音は 色を帯びて全身をめぐり、
生きているという感覚を 呼び覚ましてくれる….。”

重松壮一郎の表現テーマをもとにしたライブ・シリーズ「生きとし生けるものに向けた音」。京王線仙川にある「オープンガーデン・森のテラス」という、都内の住宅地とは思えない自然に囲まれた類いまれな会場で、鳥や虫の声、風の音、森の気配、お客様の存在と調和・対話・共鳴しながら、ゆっくりと音を紡いでいきます。毎回、お客様は自然と一体となる素晴らしい感覚を味わっています。

このコンサートでは、あなたを含め、生きとし生けるもの全てのいのちと共鳴する音が紡がれていきます。風の音や、鳥や虫たちの声が鳴り響く中、1音1音をていねいに紡いでいく、森のコンサートです。重松壮一郎が、「自分の音楽を最高の形で表現できる場所」と愛して止まないこの森のテラスで、特別なひとときをお過ごしください。

 

「森のテラス」で自然に還る時間を

森のテラス

森のテラス」は山田茂雄造園事務所が自宅兼事務所で運営しているオープンガーデンです。「国分寺崖線」という立川~世田谷まで続く段丘の雑木林の中にあります。

なるべく木を切らずに、四季の自然を感じられるように心がけて建てた、自然の中で心豊かな時間を感じていただける施設です。

森に住む鳥や虫たち、風の音、雨の日は雨音も、ピアノの音に共鳴します。慌ただしい日常から離れ、森での癒しの時間をお過ごしください。

 

初めて梅雨に開催。雨が降ったら雨音とのコラボレーション!

すでに60回を数えるこのライブ・シリーズですが、6月に開催するのは初めて。会場は完全な野外ではないので、雨が降っても大丈夫。雨が降った時には、雨音とのコラボレーションを楽しんでいただけます。しっとりと濡れた森のテラスはまた素晴らしい空間です。

 

重松壮一郎のバースデイ・ライブ

6月9日は、重松壮一郎の誕生日です。
特別なことはしませんが、きっと特別な演奏になります。
お楽しみに!!

 

会場

オープンガーデン・森のテラス
東京都調布市若葉町1-32-13 / tel: 03-3307-1987 / 京王線仙川駅より徒歩13分

 

ご予約・お問い合わせ

みずのえ
tel: 090-6518-6963  / mail: soso@livingthings.org

 

プロフィール

重松壮一郎 重松壮一郎(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)

即興演奏とオリジナル曲を主体としたライブを、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代、国境を越え、人々を魅了し続けている。アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、原爆の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。アルバム「tsumugi」は、iTunes、Amazon等にて、世界配信中。

 

終了したイベントです。

関連ライブ
フライヤー
キャンドルナイト夏至2019
アフリカ太鼓とピアノの競演
わきたにじゅんじ + 重松壮一郎
大地に伝わる いのちの響きに 身を委ねて 全身に響く太鼓、心に染み渡るピアノ。 暗闇で展開される、ど...
おすすめライブ
フライヤー
二つの螺旋
〜重松壮一郎 + 樫原秀彦ライブ
弾けあい、調和する二つの魂。絡み合う旋律。 創造の旅へといざなう。 熱いパッションと繊細さを併せ持...
フライヤー
重松壮一郎
夏はじめのピアノ・コンサート
夏の陽光のようにきらめく音 みずみずしいピアノの音に浸って 細胞にとけてゆく音は 色を帯びて 全身を...
フライヤー
暗闇カフェ
〜夏の夜のキャンドルナイト・ライブ
静寂のなかに紡がれゆく、音のきらめき。 キャンドルの光とともに、夏の夜を彩る。 重松壮一郎、76回目...
フライヤー
祈りの詩(うた)
朗読とピアノのコンサート
〜アーサー・ビナード・佐々木佐久子・重松壮一郎
8月4日 祈りの詩に、心を澄ます。 朗読、被爆体験の語り、音楽が、共鳴する。 表現の力が、希望を紡ぎだ...
スケジュールアーカイブ
地域
キーワード