ライブ・スケジュール

フライヤー

二つの螺旋
〜重松壮一郎 + 樫原秀彦ライブ

弾けあい、調和する二つの魂。絡み合う旋律。
創造の旅へといざなう。

熱いパッションと繊細さを併せ持つ二人の音楽家が、待望のDUOコンサートを開催!

樫原秀彦&重松壮一郎人と自然をつなげるようなオーガニックな音色を響かせるピアニスト重松壮一郎。
NYで学んだフラメンコギターをベースにした熱い音を響かせるギタリスト樫原秀彦。
これまでも数度の共演を行なってきた二人が、ついにDUOのコンサートを開催します。

何にも縛られない自由な魂で、予定調和なしの即興セッションを繰り広げます。
またお互いのオリジナル曲も、この日限りのアレンジでセッションします。

螺旋のように絡み合う2人の旋律が、時には弾きあい、時には調和する。
真摯にまっすぐと音楽に向かう2人の魂に、ぜひ触れにいらしてください!

 

会場

長崎次郎喫茶室
熊本市中央区新町4丁目1-19 長崎次郎書店2階(新町電停下車すぐ)/ tel: 096-354-7973

 

お問い合わせ

みずのえ tel: 090-6518-6963

オンライン予約

 

プロフィール

重松壮一郎 重松壮一郎(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)

即興演奏とオリジナル曲を主体としたライブを、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代、国境を越え、人々を魅了し続けている。アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、原爆の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。アルバム「tsumugi」は、iTunes、Amazon等にて、世界配信中。

 

樫原秀彦樫原秀彦(ギター)
1990年に渡米。ニューヨークにてJAZZスクールを卒業後、ロシア人フラメンコギタリスト、イゴー・エルーソ氏に師事。1997年7年半のN.Y. での音楽修行を経て帰国。2001年からフラメンコと民族音楽を融合したバンドALMA、2011年からUniversal Flamenco Orchestraを結成。18年間の東京での音楽活動を経て2015年に熊本へ移住。2017年からピアニスト須藤かよ、サックス伊澤隆嗣と共に新ユニットSolamondを結成。精力的にLIVE活動中。

 

ご予約フォーム

以下のフォームに、ご希望のライブ、参加人数、ご連絡をご記入下さい。

  • 複数のライブをご予約される際は、その都度、送信してください。
  • ご質問等ございましたら、コメント欄にご記入下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号
ご予約されるライブ (必須)
ご予約される人数 (必須)  
コメント

  • お子さまをお連れの場合には、ご年齢をお書き下さい。
  • 学生割引、障がい者割引の場合も、その旨、お書き下さい(割引が設定されている場合のみ)。
今後のライブ情報のお知らせ
(お住まいの地域に、重松が演奏しに行く場合、今後、メールにてお知らせいたします)

ご予約後、予約内容が記載された自動返信メールを送信いたします。
必ずメールの内容をご確認いただきますようお願いいたします。
内容に誤りがあった場合、またメールが届かない場合には soso@livingthings.org までご連絡ください。

関連ライブ
フライヤー
重松壮一郎
水の月のピアノ・コンサート
みずみずしい季節ならではの夜のコンサート 古民家で紡がれる梅雨の夜のピアノに浸って 細胞にとけてゆ...
おすすめライブ
フライヤー
二つの螺旋
〜重松壮一郎 + 樫原秀彦ライブ
弾けあい、調和する二つの魂。絡み合う旋律。 創造の旅へといざなう。 熱いパッションと繊細さを併せ持...
フライヤー
重松壮一郎
夏はじめのピアノ・コンサート
夏の陽光のようにきらめく音 みずみずしいピアノの音に浸って 細胞にとけてゆく音は 色を帯びて 全身を...
フライヤー
暗闇カフェ
〜夏の夜のキャンドルナイト・ライブ
静寂のなかに紡がれゆく、音のきらめき。 キャンドルの光とともに、夏の夜を彩る。 重松壮一郎、76回目...
フライヤー
祈りの詩(うた)
朗読とピアノのコンサート
〜アーサー・ビナード・佐々木佐久子・重松壮一郎
8月4日 祈りの詩に、心を澄ます。 朗読、被爆体験の語り、音楽が、共鳴する。 表現の力が、希望を紡ぎだ...
スケジュールアーカイブ
地域
キーワード