ライブ・スケジュール

フライヤー

祈りの詩(うた)
朗読とピアノのコンサート
〜アーサー・ビナード・佐々木佐久子・重松壮一郎

8月4日 祈りの詩に、心を澄ます。

朗読、被爆体験の語り、音楽が、共鳴する。
表現の力が、希望を紡ぎだすコンサート。
 
” わたしのいのちと、わたしを生かしてくれている全てのいのちの存在を感じる。
そして、わたしは動き出す。平和のために。わたしたちの未来のために。”
 
 
広島と長崎に原爆が投下されてから74年がたとうとしています。
このイベント「祈りの詩(うた)」は、作家・詩人のアーサー・ビナード、原爆の語り部・佐々木佐久子、長崎在住のピアニスト重松壮一郎が、74年前の出来事を、今の私たちにつながる記憶として、呼び覚まします。
 
広島・長崎より集う表現者たちが、その表現を通して参加者とともに感じ、祈り、そして未来へとつなぐ時間へ、ぜひお越しください。
 

 

会場

一楽章 f 未完成
広島県広島市中区紙屋町1丁目4-6 アウスタイル紙屋町3階 / tel: 082-249-0221
*広島電鉄路面電車「紙屋町東」電停より徒歩3分

 

ご予約・お問い合わせ

みずのえ
tel: 090-6518-6963 / mail: soso@livingthings.org

オンライン予約

 

プロフィール

重松壮一郎 重松壮一郎(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)

即興演奏とオリジナル曲を主体としたライブを、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代、国境を越え、人々を魅了し続けている。アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、原爆の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。アルバム「tsumugi」は、iTunes、Amazon等にて、世界配信中。

 

アーサービナードアーサー・ビナード(詩人、作家)

0歳でヨーロッパへ渡り、ミラノでイタリア語を習得。ニューヨーク州コルゲート大学英米文学部を卒業。卒業論文を書く際に漢字・日本語に興味を持ち、1990年6月に単身来日。来日後、通っていた日本語学校で教材として使用された小熊秀雄の童話『焼かれた魚』を英訳した事をきっかけに、日本語での詩作、翻訳を始める。現在は活動の幅をエッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなどに広げており、日本国内各地で講演活動等も行っている。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、『ここが家だ── ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。また、2017年には早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。

 

佐々木佐久子佐々木佐久子(語り部)

広島市認定 被爆体験伝承者。祖父は原爆3日後に亡くなったと聞いている。祖母と夫をその後原爆症で亡くした。自身も母が被爆者で被曝2世。夫の「戦争さえなければ」という言葉と「ツユクサ」に託された言葉に核兵器廃絶を願って語り部として学びを続けている。

 

おきつななこおきつななこ(歌、三線)

佐賀県白石町出身、長崎県佐世保市世知原町在住。23歳の時に、沖縄の伝統楽器・三線との出会いをきっかけにうたを始める。琉球や奄美をイメージさせる独特の唄声は、舞台や日々のくらしの中で出会う様々な音色、人々を通して更に深みを増してゆく。現在はベースボーカルユニット「ハートランド」を始め、ジャンルやスタイルを問わず各地で活動中。2016年にはピアニスト重松壮一郎とともにアルバム「このほしのうた」を発表。

 

ご予約フォーム

以下のフォームに、ご希望のライブ、参加人数、ご連絡をご記入下さい。

  • 複数のライブをご予約される際は、その都度、送信してください。
  • ご質問等ございましたら、コメント欄にご記入下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号
ご予約されるライブ (必須)
ご予約される人数 (必須)  
コメント

  • お子さまをお連れの場合には、ご年齢をお書き下さい。
  • 学生割引、障がい者割引の場合も、その旨、お書き下さい(割引が設定されている場合のみ)。
今後のライブ情報のお知らせ
(お住まいの地域に、重松が演奏しに行く場合、今後、メールにてお知らせいたします)

ご予約後、予約内容が記載された自動返信メールを送信いたします。
必ずメールの内容をご確認いただきますようお願いいたします。
内容に誤りがあった場合、またメールが届かない場合には soso@livingthings.org までご連絡ください。

おすすめライブ
フライヤー
二つの螺旋
〜重松壮一郎 + 樫原秀彦ライブ
弾けあい、調和する二つの魂。絡み合う旋律。 創造の旅へといざなう。 熱いパッションと繊細さを併せ持...
フライヤー
重松壮一郎
夏はじめのピアノ・コンサート
夏の陽光のようにきらめく音 みずみずしいピアノの音に浸って 細胞にとけてゆく音は 色を帯びて 全身を...
フライヤー
暗闇カフェ
〜夏の夜のキャンドルナイト・ライブ
静寂のなかに紡がれゆく、音のきらめき。 キャンドルの光とともに、夏の夜を彩る。 重松壮一郎、76回目...
フライヤー
祈りの詩(うた)
朗読とピアノのコンサート
〜アーサー・ビナード・佐々木佐久子・重松壮一郎
8月4日 祈りの詩に、心を澄ます。 朗読、被爆体験の語り、音楽が、共鳴する。 表現の力が、希望を紡ぎだ...
スケジュールアーカイブ
地域
キーワード