ライブ・スケジュール

出演者イメージ

七つの丘にかかる虹
~南からやってきた音の風~

ゆらぐ音に耳を澄ます。
その音とそこにこめられた魂が、波紋のように空気を伝わる。

言葉と音がとけあう時間

詩人の発する一つ一つの言葉、ピアニストの発する一音一音。
その音とそこにこめられた魂が、波紋のように空気を伝わる…。

長年、全国各地にて共演を重ねてきた詩人・稲尾教彦と、ピアニスト重松壮一郎。
北海道にて2度目となる詩の語りと音楽のコンサートを開催いたします。

「七つの丘」とは、長崎から北海道までの、地方の数を七つと数えました。
長崎出身の詩人と、長崎在住のピアニストが、北の大地で紡ぐ、唯一無二の表現に、ぜひ触れにいらしてください。

 

【前半】
14:00-14:50 子どもと大人の時間
幼児300円 小学生500円 中学生以上~大人1000円

【後半】
15:30-16:30 大人のための音と詩のコンサート
中学生以上~大人1500円

*前後半通し券2000円
*ご予約の方は、美呆のビスケット付き
*13:30開場

 

 

会場

コミュニティカフェ あっぷる

北海道虻田郡豊浦町字東雲町3-5 / tel: 0142-82-3145
JR豊浦駅より徒歩4分
 

 

ご予約・お問い合わせ

稲尾教彦
mail: mihoubiscuit@gmail.com / tel: 080-9613-6662

(小さな会場のため、必ずご予約ください)

 

プロフィール

重松壮一郎 重松壮一郎(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)

即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代、国境を越え、人々を魅了し続けている。アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、原爆の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。アルバム「tsumugi」は、iTunes、Amazon等にて、世界配信中。

 

稲尾教彦稲尾教彦(詩人、言語造形家)

1980年長崎県生まれ。高校時より演劇に 親しみ劇作を専門に学ぶ。東京在住時、からだを壊し、以後、詩作・朗読と菓子作りを始め、自然食、環境問題に関心をもつ。奈良県に移り自然農を川口由一氏に学ぶ。自作の童話をもとに「食といのちのつながり」をテーマにした「美呆展」を東京板橋区一帯で開催し、多くの作家と、芸術と対話による交流をする。2013年より、大阪・「ことばの家」の諏訪耕志氏に言語造形を学ぶ。長崎に6年間住み自主保育などの実践したのち、北海道伊達市ひびきの村にて、自然農・バイオダイナミック農法の実践、言語造形による演劇作り、詩作講座を担当した。2018年現在、有珠町にて、「草雨文舎」を立ち上げ、詩と言語造形を深め、分かち合う活動をしている。主な作品に、詩集「涙の歌」「森から帰ってきた」「雨、その慈しみの中で」「夕立と群青」(私家版)。

 

終了したイベントです。

関連ライブ
フライヤー
重松壮一郎 + 小田原真理子
ピアノとダンスのコンサート
〜この世界の祈りを〜
躍動する音とカラダのコンサート 北海道ツアー1日目: 札幌芸術の森 人と自然をつなげるようなオーガニッ...
フライヤー
重松壮一郎ピアノ・コンサート
in 北海道クリスチャンセンター
その音は、風となり、森となり、祈りとなる 北海道ツアー2日目: 北海道クリスチャンセンター 人と自然を...
おすすめライブ
演奏風景
重松壮一郎ピアノ・コンサート
水の月の夕べ
生の音を浴びて、生きているという感覚を呼び覚ます 古民家で紡がれる梅雨の夜のピアノに浸って 細胞に...
フライヤー
キャンドルナイト夏至2020
重松壮一郎ピアノ・コンサート
キャンドルの美しく輝く空間で、 「生きている音」に触れるかけがえのない時間を コロナを越えて、今年...
夜
リンとピアノの瞑想ライブ 〜 2020夏至・新月
究極の瞑想ライブ、再び。 美しいサウンドが身体の奥底まで響く シンギングリン演奏家・TAKAこと白井貴...
スケジュールアーカイブ
地域
キーワード