日々のレポート

重松壮一郎&つむぎ

音楽とはなんて素晴らしいものなのか

自分の音楽なんて、
誰も聴いてくれないんじゃないか。
続けたって意味ないんじゃないか。

そんな風に思うことは、
音楽家なら、
一度ならずとも、
何度もあるだろう。

古今東西、歴史上の名だたる芸術家でさえ、
自分の作品が世間に受け入れられないことに悩んだ。
悩み苦しみ、気が狂う者も、命を落とす者もたくさんいた。

でもそんな悩む時こそ、
僕は素晴らしい作品に触れるようにしている。

ああ、僕の音楽はどうあれ、
「音楽」という芸術は、なんて素晴らしいんだろう。

自分の音楽はまだまだだけど、
世の中にはこんなに素晴らしい音楽があるんだ。

僕ももっとがんばろう。
音楽という芸術にたずさわれて、
本当に幸せだ。

そう思えるようになる。

孤独な道を照らす光。
それはどこかにきっとある。
それを見失わないように、生きたい。

 

おすすめレポート
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
会場写真
夢のかなたへ@モンネポルト(長崎)のライブ・レポート
テキスタイル作家・椎原由紀子とピアニスト重松壮一郎による8日間のイベント「Exhibition of Textile Ar...
Anne Bakkerとの連弾風景
オランダ&ベルギー・ツアー2018(6)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第8日目。 今夜はオランダのAmersfoortのstudio-FCGで、 オランダ...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと