日々のレポート

Anne & Soso

オランダ・ツアー2019(4)

オランダ・ツアー2019、第8日目。

今日は今回のツアー3公演目。
AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダの即興ピアニストAnne Bakkerとの即興連弾ライブでした。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました!

昨年に引き続き2回目の共演。
壁を隔てた2つの部屋に2台のピアノ。

普通に考えれば、1つの部屋に2台のピアノを並べるのに、わざわざ物理的な距離や壁を作る。それはこの世界の分断や、人間関係の分断を表すかのよう。我々はそれを乗り越えて、つながりあえるか、調和できるのか。そんなコンセプトを持つこのライブ。

今年はモニターからの相手の音が聴き取りづらいこともあり、小さな相手の声を聴く、自分も大きな声で主張せず、自分の小さな声を聴いてもらう、その中で音を重ね合い、一つの音楽を作る。そんな本番を迎えることになりました。

僕らの音楽は近くもあり、遠くもある。お互いにソロを演奏した1stステージではそれぞれの個性を感じました。でも我々は個性を主張するだけでは生きていけないし、もちろん個性を殺しても生きていけない。一緒に演奏した2ndステージではその個性を超えていく時間でしたが、それは困難な道のりではなく、とても自然で、喜びに満ちあふれた、美しい時間でした。

 

途中、もどかしい時間があったり、遊びのフレーズの応酬の時間があったり、さまざまな時空を経て、最後に1台に二人が寄り添い、フィニッシュへと向かう数分間は、歓喜の音楽そのものでした。

音楽好きが集まって、音楽が生まれる瞬間をみんなで分かち合う、幸せな夜に、心から感謝。
また、諸事情があって、難しい状況であったにもかかわらず開催してくださった、Studio-FCGさんに心から感謝します。
Anneさん、Bernardさん、皆さん、ありがとうございました!

来年の2月に予定している僕の4回目のオランダ・ツアーでも、またライブしましょうと話しました。また、再来年の話にはなりますが、日本でも二人のツアーを計画しましょうと話しました。お楽しみに!

-> 昨年の初共演の様子はこちら

 

 

おすすめレポート
ヒームストラ舞ちゃんと
オランダ・ツアー2020冬(8)
冬のオランダツアー7公演目、最終公演。 BalkのDe Treemterでのイベント「Japan Experience」への出演で...
Anne & Soso
オランダ・ツアー2019(4)
オランダ・ツアー2019、第8日目。 今日は今回のツアー3公演目。 AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダ...
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと