日々のレポート

2015年10月アーカイブ:


那須野ヶ原ファーム(栃木)のライブ・レポート

161025_03.jpg

東京での2日間の演奏を無事に終え、今日は栃木へ。
那須野ヶ原ファームでの2回目のコンサート。

少し風は強かったものの、野外でできるぎりぎりの気候。
グランドピアノを外に出して演奏できました。


161025_01.jpg
161025_02.jpg

抜けるような青空のもと、風に包まれ、太陽に包まれ、草原に抱かれながら、
ただ感じるままに演奏できる幸せ。


161025_07.jpg

僕はきっと他の演奏家より、わがままです。いくらリクエストされても、自分の曲しか弾かないし、自然との共生、いのちのつながりといった根本テーマにこだわってやってるから、それが邪魔をして、演奏ができなかったり、演奏できる場所が限られたり、ジャンルが分かりにくいと言われたり、客が集めにくいと言われたり。悔しい想いもさんざんしてきています。

でも、こだわってやってきたからこそ、「ぜひ重松さんにこの自然のなかで演奏してもらいたい」と言ってもらえる訳で、それが今日みたいなコンサートにつながっています。自分の信じるやりたい音楽をやりたいようにやって、それが皆さんに喜んでいただける、今日みたいなコンサートはほんとにほんとに嬉しいのです。それを想うと、もう感謝しかなく、僕は最高の状態で演奏にのぞめます。


161025_04.jpg

自然は自然。風は風。空は空。
ただただあるがままに、ピアノの音を受け止めてくれ、
自らのなかに溶かしていってくれました。

来年また、春の気持ちいい気候の時に実現したいです。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました!


161025_05.jpg




森のテラス(東京)のライブ・レポート

(リハーサルの様子)

昨日から2日間、テキスタイル作家・椎原由紀子さんとのコラボレーション in 東京。
今日は仙川のオープンガーデン・森のテラス。
この10年くらい、もう60回以上ライブしている、大好きな場所です。

ほんとにお天気に恵まれて。抜けるような青空、さわやかな秋の風。テキスタイル作家・椎原由紀子さんのオブジェが、森も室内も、鮮やかに、そして愛らしく、彩ってくれました。




今日は前半45分間の完全即興も、後半のオリジナル曲も、とても肯定的な音だったような気がしました。お天気のおかげかな。10年ここで演奏していて、ここまで気持ちいい日は数少なく、本当にラッキーです。感じたこともたくさんあったけど、それをここで言葉にするのは難しい。その場で聴いてくださったお客さんやスタッフの皆さんとだけ、音で共有できた特別な時間でした。


161024_02.jpg

今日は大分から飛行機で来てくれた方や、岡山から新幹線で来てくれた方など、遠方からもご参加してくださった方もいて、それがまた僕に力をくれました。

昨日から続いた由紀子さんとのコラボ。これでおしまいです。
由紀子さんは、毎回必ず、違うイメージ、違う作品で、会場を演出することにトライしてくれます。今年もとてもとても、素晴らしかった。鳥たちが、生きているように舞っていました。
今年はこれで終わり。また来年をお楽しみに!


161024_03.jpg

本日のセットリスト

(前半)
1. 完全即興

(後半)
1. 風のゆくえ
2. 無題
3. 忘れえぬ記憶
4. 夏去りのワルツ
5. 息をして



時間: 開場12:30 開演13:00

よりパワーアップした、重松壮一郎 + 椎原由紀子のコラボレーションに、ぜひお越しください。お待ちいたしております!

フライヤー




カフェスロー(東京)のライブ・レポート

151023_01.jpg

今日から2日間、テキスタイル作家・椎原由紀子さんとのコラボレーション in 東京。
初日は国分寺カフェスロー。僕がもう12年前から演奏している元祖オーガニックカフェ。

今日は、テキスタイルとの共演、そしてグランドピアノのデビューという、
二つのスペシャルが重なりました。

それを満席のお客様と分かち合え、本当に嬉しいです。
由紀子さん光の空間演出、みんなに堪能してもらえて良かった!


161023_02.jpg

カフェスローにグランドピアノを寄贈してくださったご夫妻に、とってもとっても感謝されてしまって...。いやいや、こちらこそ感謝です。

中高音域がとても柔らかく美しくて。今日の「風のゆくえ」は弾いてる僕が完全に音の響きのなかに没頭できるくらい、柔らかく美しい音が重なり合いました。


161023_04.jpg
151023_02.jpg

お客様もスタッフのみんなも、とても喜んでくれて。
僕はピアノに対して贅沢言える立場ではないけど、ピアノが違うだけで、ここまで違いが出るのです。きっとお客様のリピート率も違うだろうなぁと思う。料理と同じで、素材が違えば、生まれてくるものもここまで違ってくる。

カフェスローで演奏して12年。本当に演奏家冥利に尽きる日でした。
ありがとうございました!




よりパワーアップした、重松壮一郎 + 椎原由紀子のコラボレーションに、ぜひお越しください。お待ちいたしております!


フライヤー




このblogを購読