日々のレポート

会場風景

オランダ・ツアー2020冬(6)

冬のオランダツアー、5公演目は初めてのユトレヒトでのライブ。
お越しくだった皆さん、ありがとうございました。

古い市街地は賑わいを見せていて、会場までの道のりも楽しみながら到着。
会場のKargadoorは小さな運河沿いにあり、船から荷物を運び込んだのかなと思わせる、レンガ倉庫を改装したユニークなスペースでした。

前半はソロ。ピアノを、長いかまぼこ型の会場の中央に配置したので、音がどんな風に響くか、ちょっと不安でもありましたが、お客さんも、音に包まれるようだったとおっしゃってくださったので、ひと安心。
リラックスして、この不思議な空間に触発されながら、あふれ出るままに音を紡ぎました。

後半はゲストで、Jews harp(Mouse harp / 口琴)奏者のDanibal(Daniel Hentschel)さんと共演。
最初にDanibalさんの短いソロバフォーマンスの後、二人でセッション。
日本でも口琴などの倍音楽器、倍音唱法が好きな人、プレイヤーはたくさんいますが、Danibalさんはストイックに世界を構築していくというよりかは、どこかFunnyな雰囲気もあって、共演もとても面白かったです。あとで、彼のイラストレーターとしての作品も見せてもらったけど、やっぱりかわいらしい、クスッとするよう作風だったので納得。

最後は、ソロで「息をして」で終えました。
このライブのために、ご尽力くださった方々に心から感謝いたします。
今回の7公演はすべて異なるタイプの会場で演奏していますが、この日もまたユニークな会場、オランダらしい会場で演奏させていただき、嬉しかったです。

終演後、Danibalさんと生ビールで乾杯。
色々話して、楽しい時間でした。

ありがとうございました!

 

 Daniel Hentschelさんと

 

おすすめレポート
イベント風景
秋の大収穫祭 + mini ミュージック・ピクニック(長崎)のライブ・レポート
今日は「秋の大収穫祭2019 + mini ミュージック・ピクニック」を、国見の郷(長崎県佐世保市世知原町)...
Anne & Soso
オランダ・ツアー2019(4)
オランダ・ツアー2019、第8日目。 今日は今回のツアー3公演目。 AmersfoortのStudio-FCGにて、オランダ...
会場写真
SASEBO MUSIC PICNIC 2018(長崎)のライブ・レポート
今日はこどもとおとなのための野外音楽祭「SASEBO MUSIC PICNIC 2018」。 ご協力くださった皆さん、お越...
演奏風景(ベルギー)
オランダ&ベルギー・ツアー2018(3)
オランダ&ベルギー・ツアー2018、第3日目。 ベルギー2日目です。 今日はこの日はベルギーの街Ghent...
カテゴリー
キーワード
年ごと