日々のレポート

2013年8月アーカイブ:


ドマカフェ(島根)のライブ・レポート

130831_02.jpg
長崎から島根への移動。
休みを細かくとりながら、12時間かけて雨のなか到着。

今日の演奏会場、三瓶のドマカフェ。
6年間、一人で演奏に訪れてた場所に、7年目にして家族で来るのは、
何だか不思議な感じ。
ドマの二人が、妻と娘を歓待してくれて、すごく嬉しい。


130831_03.jpg
お客さんは夕市や、美味しい夕ごはんをゆっくり楽しんで、
ライブは遅めの20時スタートといういつものスタイル。

夜の静寂、虫の声だけが優しく響くなか、最初の1音を弾く。
ふっとピアノがやむとき、そして最後の1音を弾いたあと、
静寂と虫の声がまた戻ってくる。それがなんだか嬉しかった。


130831_01.jpg
前半はMC無しで、45分間の完全即興とオリジナル。
後半はオリジナルで約1時間。

即興と新曲の度合いを増やしつつ、定番曲もやるという、
ここ最近やっている形。


130831_04.jpg
激しい曲をやることに、前はちょっと遠慮がちだったけど、
本当は激しいのが好きなので、最近はよく弾いている。

そしたら、「今日は激しくて良かった〜」って何人かが言ってくれる。
まあ、好みもあるので、みんながみんなそうじゃないにせよ、
みんなの好みに合わせようとすると僕が苦しくなるので、
僕は僕の魂が求めるままにやろうと思っている。


130831_05.JPG
お越しくださった皆さん、ありがとうございました!

そして、ドマカフェのお二人も本当にありがとう。
8年前に、雑誌でたまたま見たドマカフェに手紙を書いて、
演奏させて欲しいとお願いしたときは、
こんなに仲良しになって、長い付き合いになると思わなかったよ。
特に今回は、家族で来れて良かった!

また来年、よろしくね!


130831_07.JPG



初めてのピアノレッスンの巻

130829.JPG
僕はライブ活動を、自分の生きる道に定めているので、
ピアノ教室をやる気は最初からない。

でも、先日、ある方から、うちの娘のピアノをみてもらえないかと、
ご相談いただいたので、やってみることになりました。


今日は、我が家に来てもらい、続けるかどうかは別として、
とりあえず、初めてのピアノ教室をしてみました。

まずは即興演奏の第一歩を踏み出すことろから。
うちの庭で一緒にピアニカを吹いて、その後はピアノの前に二人並んで、
即興のピアノ連弾をしてみました。


夏の終わりに、虫や鳥の声しかしない静かな部屋で、
まばゆい光と、風に揺れる木々の葉を眺めながら、
音を1つ1つ紡いでゆく。

まだ幼い彼女はいつか忘れてしまうかもしれないけど、
僕自身はいつまでも憶えているだろうなと思えるような、
穏やかで特別な、美しい時間でした。

ありがとうね。



| コメント(0) | トラックバック(0)

八幡高原(広島)のライブ・レポート






今日は、広島・八幡高原での野外コンサート。
今年で4年目。

大雨で野外演奏は無理だけど、
高原の古民家にピアノを運びこんでいただきました。

戸をすべて外した開放的な空間。
雨音、鳥、カエルの声に包まれながら、風を感じながら、
さながら野外コンサート状態でできました。

できるだけ、即興演奏を多めに弾き、
オリジナルも即興的に展開させて、
この空間、瞬間ならではの音を紡いでゆきました。

僕自身、この半年で音が変わってきたと思ってるんだけど、
それに気付いてくださるかたがいたり、
小さな頃から聴いてくれてる安藤さんちのお子さんたちが、
新曲よかったよ〜と言ってくれたり。

取材に来てくださった広島FMさんもすごく感激してくださり、
ほんとよかったです。
マイク5本使って録音してくださったスタッフのかたが、
ヘッドホンで聴いていたら、
すごいうなりで共鳴する瞬間や、
天使の声がした瞬間があったと言ってました...

悪天候のなか準備して下さった地元の皆さんが、
「来年もまたやりましょうね!」と言ってくださったことが、
本当に何より嬉しいです。
終わったあとに皆さんと酒を飲むのも、ほんと幸せな時間でした。

雨のなかお越し下さった皆さん、
準備して下さった皆さん、
広島FMさん、

本当にありがとうございました!


130824_01.jpg



ありがとう、ちいさきひとよ。

130821_01.jpg

7年ぶりの鹿児島ツアーを終え、今日は佐世保に帰ります。

つむぎは、春には沖縄・八重山諸島に行き、
今回は屋久島・鹿児島。
来週は島根ツアー。

僕のライブや大人の旅のペースにひきづりまわされながら、
小さな心と体で、
泣いたり笑ったり、退屈したり、がんばったり、
おいしいものたくさん食べたり。
ほんとに旅を満喫しています。

たくさんのかたにお世話になりながら、
たくさんの出会いをくりかえし、人生を紡いでゆく。
たくさんの感謝と恩返しもしていこうね。

ありがとう。




ギャラリーDo-Ma(鹿児島)のライブ・レポート

130820_05.JPG
屋久島からのフェリーで鹿児島港に着き、
そのあと車をすっ飛ばして、開演2分前に会場に到着。
今夜は、姶良のギャラリーDo-Maさんでのライブ。

バタバタと到着し、慌ただしい状況になり、大変申し訳なかったのですが、
演奏そのものは、屋久島でリフレッシュして、いい精神状態でできました。

今日は50人超のお客さんがお越し下さり、
素敵な建物、素敵なキャンドル演出のなかで、
桑迫賢太郎とともにステージにたち、
いい時間・空間を創らせていただくことができました。

打ち上げのご飯も美味しかった〜

7年ぶりの鹿児島ツアー、とてもいい時間になり、本当に感謝感謝です。
みなさん、ありがとうございました!



さよなら屋久島

130820_01.jpg

7年ぶり屋久島ライブを終え、
今日は鹿児島へ。

だんだんと小さくなってゆく、屋久島。


130820_03.JPG
鹿児島に着く少し前、
大きな大きな虹が。

ほんとうに、ありがとう。
また会いましょう、屋久島よ。
友人たちよ。


130820_04.JPG

君の住む島にて

130818_05.JPG

7年ぶりの屋久島。
昨夜のライブを終え、今日はOFF。
友人・すなやんとともに、森へ。


130818_04.JPG
130818_03.JPG
すなやんにも子どもができて、
お互い、一緒に子どもを連れて山に行けるのは、
ほんとうに幸せ!


130818_02.jpg

130818_06.JPG

我が娘・つむぎは、文句一つ言わず、
鼻歌なんて歌いながら、
山道をがんばって歩きました。
ほんとえらかったね!


130820_02.JPG
屋久島滞在中は、
すなやん一家のお家に、お世話になります。
おうちは、あの手作りハウス。

ありがとう!!


130818_01.jpg





スタジオA(屋久島)のライブ・レポート

130817_01.JPG

今日から屋久島ツアー!
2006年の屋久島音楽祭以来だから、
実に7年ぶり。

屋久島の友人たちと会うのも7年ぶり。
しかも、今回は娘も連れて行けるので、とっても嬉しい。


130817_02.JPG
今日は屋久島について、さっそくライブ。
会場は安房の「スタジオA」。
上の写真の通り、目の前は海!


130817_03.JPG
これはリハ風景。
こんなところで演奏できるのは、本当に幸せ。
都会のどんな大ホールだってかなわない。
自然には誰にもかなわないよ。


130817_04.JPG
今日は、ソロの他、
ライブを企画してくださった佐々木さんの息子さん・裕一くんをゲストを迎え、
二人で完全即興のピアノ連弾もしました。

そして夜はふけていきました。


130817_05.JPG

ライブ終了と同時に、
地元のお祭りの大きな花火があがりました。

7年ぶりの屋久島ライブ。
夜空に浮かぶ炎の大輪が、祝福してくれました。

ありがとう。


130817_06.JPG

呉ポートピア(広島)のライブ・レポート

130806_03.JPG
8月6日、広島原爆平和記念日。
広島での2公演目は、呉ポートピア。

とてもいい出会いとステージでした。
初顔合わせとなったアパッチさん、
2度目の共演の篳篥の三浦くん、
ダンサー聖子さん含む3名、
総勢6名での、1時間の完全即興セッション。

昼のアステールプラザでのライブは15分なのであっという間だったけど、
夜は1時間だったので、ほんとじっくりと創り上げる、
即興演奏家にはたまらない楽しい1時間でした。


130806_02.jpg
そのあとはお客様と出演者みんなで、
平和について語り合うトーキングサークルをしました。

みんなで一言ずつ平和について語り、それをシェアしたんだけど、
20代前後の若い世代が、平和や戦争について、
まだピンと来ない人が多いようでした(まぁ自分もそうだったけど!)。

なので、原発問題や自民党のやろうとしてることについて、
ちょっと話したくなって、話しました。

今は情報がたくさん手に入る時代。まずは知ることを。
今、自民党が進めようとしていることを。
上の世代が創ってくれた平和の恩恵を受けているだけでなく、
自分たちで平和を創るために取り組んでいかないといけない時代になっていると感じています。

願っているだけじゃ叶わない。
でも願わないと叶わない。
願うことを忘れず、
自分にできることを一歩一歩。

ありがとう。



アステールプラザ(広島)のライブ・レポート

130806_05.JPG
今朝は4時起きで、長崎から広島へ。
外はまだ薄暗く、霧がかっている。

長崎新聞では、連日、被爆者の証言が掲載されており、
また投書欄にも多くの被爆者の声が掲載されている。
その想像を絶するような現実の傍らで、
原発推進・平和憲法破棄へと進むタカ派政権の記事がイヤな臭いを放っている。

しかし一方では、記憶を風化させぬよう、
核なき世界を実現しようと取り組む方々の姿があるし、
高校生・ユース代表団が核兵器廃絶を世界に訴える取り組みなどが紹介され、
我が身を奮いたたせてくれる。

今日で、広島原爆投下から68年目。
交錯する様々な想いと現実と希望を、1音1音にこめて弾く。ありがとう。


そして、ああ、着いたよ、広島に。
暑い暑い、夏の日に。


130806_04.JPG
今日は広島で昼夜2公演。
昼はアステールプラザ、1200席。

初めて音を合わせる方もいるメンバーで、ぶっつけ本番の即興セッション。
意識を一つに。




龍頭泉(長崎)のライブ・レポート

130804_01.JPG
軽トラにピアノを載せての西日本ツアーを無事に終え、
今日は、長崎・龍頭泉でのライブ。

滴る雨音と、滝や川の音、蝉しぐれに包まれながらのライブでした。
なかなかこんな環境でグランドピアノがあることはないので、
本当に森のなかのライブでした。


130804_02.JPG
ほかおななこちゃんとの共演はこれでもあったものの、
がっつりDUOでライブしたのは初めてでした。
オリジナル曲と民謡で構成したライブというのも僕にとっては初めてで、
なかなかよい経験になりました。
民謡を西洋的にしないように、民謡の素朴さを失わないように、
ピアノでアレンジするには、これからも研究が必要だなと感じました。


130804_03.JPG
個人的には、やりたかった沖縄民謡の名曲「とぅばらーま」が、
ななちゃんの歌を生かすアレンジでできてよかったです。
それにしても、初めてにして、
こんな風にこの難曲を歌いこなすほかおななこ、すごいよ。

足をお運び下さった皆さん、手伝って下さった皆さん、ありがとうございました!
アブがたくさんいて申し訳ないことをしてしまったので、次回は対策します!


130804_04.JPG