日々のレポート

2014年6月アーカイブ:


市民の半数以上が反対しているのに

140624.jpg

デモ、ボイコット、クーデター、マスコミ、ネット、出版....。
いろんなやり方で、意志を示すことができる。

毎朝、新聞を読んでいると、多くの専門家、政治家、タレント、あらゆる人が、
集団的自衛権に反対を訴えている。

それでも現政権は強引にことを進める。
マスコミを懐柔し、テレビを使って、
マインドコントロールしようとしてくるし、
鵜呑みにする人もいる。

新宿で、焼身自殺を図り、
集団的自衛権反対を訴える人の写真を見てしまった。
胸が苦しい。

市民の半数以上が反対しているのに、止めることができない。
でもきっと何かいい方法があるはず。
9条にノーベル賞を、というアイディアのように、
もっともっと、そういういい方法があるはず。

考え続けたい。
そして、わたしは曲を作りたい。







| コメント(0) | トラックバック(0)

カサブランカ(福岡)のライブ・レポート

140621_02.jpg

夕べ長崎市内でのライブを終え、今朝は小倉に移動。

今夜は小倉のカサブランカでのライブ。
お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

久しぶりの岡林さんとのライブ、とても気持ち良くできました。
このDUOは会場選びがなかなか難しく、特にグランドピアノだと、ピアノが馬頭琴に勝ってしまい、うまく音量バランスが取れません(マイク使いたくないしね)。


140621_03.jpg

今夜の会場はグランドだったけど、
馬頭琴の音が太くくっきり響き、生音でもバランスが取れました。
「風のゆくえ」のような僕の曲の場合でも、馬頭琴がくっきり出てくれて、
ピアノの音との絡んでゆく感じが出せたと思う。とてもやりやすかったです。


お客さんの反応もよく、一緒に盛り上げてくださり、それもまた嬉しかった。
企画を手伝ってくださった伴子さん、ありがとうございました。

皆さん、また会いましょう! 


140621_01.jpg




ティア長崎銅座店(長崎)のライブ・レポート

140620_01.jpg

今日はティア長崎銅座店でのキャンドルナイト夏至。

毎年共演している桑迫賢太郎が出演できなくなり、
どうしたものかと考えた末、
お客さんから共演者を募り、一緒に作ろうと思い立ちました。

申し出てくださったのは7名。
それぞれ表現方法は異なりますが、
一緒にいいものを作ろうという想いでつながり、
いい時間を作ることができました。


140620_02.jpg

人前で表現するのは緊張します。
しかも僕はいつもの調子なので、即興で、リハもなく、ぶっつけ本番でしたが、
皆さん、それを受け入れ、自然のままにやってくださいました。
ちなみに全員女性。感謝感謝です。


ご参加下さった皆さん、ティアさん、ありがとうございました。
この時間を共有できて良かったです。
またやりましょう!


140620_03.jpg





明石市生涯学習センター(兵庫)のライブ・レポート

140615_10.jpg

関西ツアー4日目。昼夜2公演。
奈良でのライブのあと、すぐに兵庫県明石市まで移動。
明石市生涯学習センターでイベント「インプロxインプロ」に出演。

即興演奏と即興劇のコラボレーション。
即興劇との共演は初めて。


やってる最中、悔しい瞬間もあった(例えば、いきなり「東京大学」という場面が登場し、校歌っぽいのを弾こうと思ったけど、パッと出て来ず、そうしてる間にシチュエーションが変わっちゃったり)けど、全体としてはとても楽しく、あ〜面白かった!という感じでした。


のっけから、僕にも役が与えられ(しかも、引きこもりの息子役)、
それを音で演じるというスタートは、面食らったけど、
次はもっとうまくやれるかな...。


僕は僕の表現方法と音世界で、役者さんを引き立てたいし、
逆に引っ張っていったり、場面に予想外の変化をもたらしたりできたらいいね。


またぜひやりたいです。
その時はぜひ皆さんお越しを。

魚くん、りえ。さん、岡本さん、ありがとうございました。

写真は、
明石のタコと、淡路のハモ...


140615_05.jpg
140615_04.jpg


藝育カフェ sankaku(奈良)のライブ・レポート




関西ツアー4日目。昼夜2公演。
昼は、奈良の藝育カフェsankakuさんでのライブ。

1時間、集中力も途切れず、即興とオリジナルを絡ませながら、
魂の赴くままに走り切りました。


140615_06.jpg
140615_07.jpg
140615_08.jpg
140615_09.jpg
(photo by Atsushi Yamamoto)


今回は「ムジークフェストなら」というイベントの出演者募集の案内をたまたま知り、
応募してのライブ。
広くて天井も高く、いろんな可能性が拡がる空間。
趣旨もすごく自分の考えにしっくりきました。
新しいご縁に感謝です。sankakuさん、ありがとうございました!


17時にライブが終わり、17時20分にはお店を出発し、駅へ。バタバタでごめんなさい。
19時半から明石でライブ!


140615_03.jpg

年末、再びsankakuにて、ライブ開催します。
ぜひお越しください!


【ライブ情報】

12/21(日)
Aurora〜アウローラ
即興ピアノ連弾コンサート
@藝育カフェ sankaku(奈良市)

重松壮一郎 + 榊原明子、初顔合わせによるピアノ連弾。
消えては生まれる音のオーロラ。至極の音世界!





奈良公園にて

140615_01.jpg

関西ツアー4日目。
今日は昼夜2公演。

午前中は、家族で大仏様詣り。
娘つむぎは1年半ぶりに大仏様に再会し、
自分のアイドルに会ったみたいに嬉しそうでした。

そして奈良は、僕の幼少の頃からの思い出の地で、
そこに娘と来れるのは、とても感慨深いのです。


これから、奈良の藝育カフェsankakuさんで1時間のライブ。
初めての会場、新しい出会いが嬉しい。
今日は、1時間、途切れさせず、
完全即興とオリジナルで走り切ろうと思います。


140615_02.jpg





あみかふぇ(奈良)のライブ・レポート

140614_02.jpg

関西ツアー3日目。
奈良あみかふぇでのライブ。
たくさんのお客様、ありがとうございました!


今日の前半は、初夏の風や、水音をテーマに、即興とオリジナル。
風というつかみどころのないものをモチーフに即興をすると、
演奏自体もつかみどころがないものになるのですが、
皆さんが優しい風、激しい風、
色んな風を感じてくれてたら嬉しいな。


娘つむぎに会いに来てくださった皆さん、
ありがとうございました。
旅の疲れでテンションがなかなか上がらないつむぎでしたが、
よくがんばってました。


つむぎが来ると知って、叔母やいとこたちまで来てくれていて、
みんなで、あみかふぇの美味しいご飯をいただきました。

そして、またまたサプライズの誕生日ケーキをいただいてしまい...。
あみかふぇさん、何から何まで、ありがとうございました!


140614_01.jpg



カフェスローOSAKA(大阪)のライブ・レポート

140613_01.jpg

関西ツアー2日目。
フェリーで門司港から大阪の泉佐野へ。
そこから十三まで移動。

今日はカフェスローOSAKAで昼夜2公演。

まず昼の部。
今日は雨が降ったり、また晴れたり。不思議な梅雨空。
だから水をテーマに弾きました。
即興で3曲と、オリジナル6曲ほどの1時間のライブ。
いつもこの昼の部は少人数なんだけど、だからこそ生まれた時間でした。
ありがとうございました。


140613_02.jpg
140613_03.jpg

そして今日お出ししたケーキを重松家もいただきました。
初めて食べたロウ(生)ケーキ。焼いてない、小麦粉も使わない。
すごくすごく美味しくて、娘もこの笑顔です。
うーん、また語り草になりそうだ。しほちゃん、すごい。


140613_05.jpg

夜の部はキャンドルナイト。
予約もたくさん入っていて、嬉しい。


キャンドルが照らし出す暗闇のなかの光。
それにインスパイアされながら、気持ちよく演奏させていただきました。

最近、即興、古い定番曲、新曲がいいバランスでできてる気がします。
曲の説明もろくにせず、不親切かもしれないけど、
MCしない分、演奏に集中でき、お客様もそれを受け入れてくださってる気がする。
ありがとうございました。


140613_04.jpg

次は年末。今年最後のキャンドルナイトをやらせていただきます。
ぜひお越しください!



フライヤー


阪九フェリー 船上(福岡)のライブ・レポート

140612_01.jpg

今日から関西ツアー。
佐世保からバスを3本乗り継いで、新門司港へ。
フェリーで大阪まで渡ります。

今夜は、フェリーで船上ライブ。
ピアノがないので、コペコペカナオ&重松壮一郎という構成で、鍵盤ハーモニカで出演。

ピアノじゃないのに、僕のCDを買ってくださった方がいて、ありがたい。
お客さんはみんなたまたま乗船していた方々。
みんな旅人。中高年の夫婦旅行、お遍路さん、仕事のかた。

皆さん、よい旅を!


140612_02.jpg



被爆体験の語り部さんのところへ

140610.jpg

今年8月9日・長崎原爆の日「祈りの詩」のイベントにご出演いただく、
被爆体験の語り部の方にご挨拶に行った。


川棚の吉川ヤエさん。87歳にして広いお宅に一人暮らし。
「やることがたくさんあって毎日忙しい」と言いながら、
皮から手作りのドラ焼きで迎えて下さった
(朝から作って待ってて下さった)。


聞けば、被爆体験の語りは、もう何十年も断られているそう。
でも、昨今の日本の危うい状況を憂い、お役に立てればと引き受けて下さった。


「私の話なんかでいいのでしょうか」と遠慮がちに仰りながらも、
「戦争は絶対にいけないと伝えたい」との力強い言葉に、背筋が伸びた。

最後は、車を追いかけて来てまで、お土産を渡してくださり、
僕らの姿を合掌で見送って下さった。
お会いできたこと自体が、本当にすごい体験だった。


8月9日、ぜひ一人でも多くの方にお話を聞いてもらいたい。
大人も子どもも。場所は波佐見ギャラリーモンネポルト。

がんばって宣伝せねば。




| コメント(0) | トラックバック(0)

夜の野焼き

140608_06.jpg

夜の野焼き。
美しかった。
たくさんの虫たちの弔いをした。





| コメント(0) | トラックバック(0)

ちゃぶ台(熊本)のライブ・レポート

140608_01.jpg

熊本ツアー3日目。
玉名市の「ちゃぶ台」での昼夜2回公演。
お越しくださった皆様、ありがとうございました!


昼は子どもたくさんで賑やかな時間。
でもライブ中は、子どもたちとっても静かに集中してくれていたね。
みんなほんとありがとう。
朗読で共演してくださった森田真奈美さん、ありがとうございました。

昼の部は美味しいケーキ付き。
卵・乳製品などの動物性食材は使わない、ビーガンです。


140608_02.jpg
140608_03.jpg

夜の部はキャンドルナイト。
子どもがたくさんいて賑やかだった昼間に比べ、夜は静けさが時を彩る。

即興、オリジナルともに、やりたい曲を思う存分、弾かせていただきました。

実は明日は僕の誕生日。
打ち上げで、誕生日ケーキをいただいたんだけど、写真を撮り忘れた...
濃厚なガトーショコラでした。
ありがとう!


140608_04.jpg

ちゃぶ台も僕も10周年。出会ったあの日から10年か...。
お互い、ほんと地道な活動だよね。
これからもよろしくお願いします!


140608_05.jpg



ほっとはうす(熊本)のライブ・レポート

140607_01.jpg

熊本ツアー2日目。
今日は水俣での初ライブ。

会場の「小規模多機能事業所ほっとはうす」は、
胎児性水俣病の患者さんの介護施設。
地域の方、支援する方のコミュニティの場所にもなっているそう。
水俣での初めての演奏会場が、そのような場所であることに心から感謝。


140607_02.jpg

たくさんの利害関係が交錯し、一口には語れない水俣病。
部外者が、軽々しくメッセージを発することはできないように思う。
今日は、善悪を越えた、美を追求したい。
何がどうあろうと、自然が美しくあるように。


そして本番。
たくさんのお客様がお越しくださいました。

コントラバス奏者・松本洋一さんとのDUOで、
即興演奏とオリジナルによる75分間のライブ。
皆さん、じっと集中して、聴いてくださいました。


ライブ前に慰霊碑や水俣病資料館にも訪れ、
またライブ後には水銀が流された排水口も見学に行きました。

海はただただ美しく、森も、湧き出る泉も、ただただ美しかった。
詩人の言葉通り、水俣の自然が美しいゆえに、悲しかった。


ここでこうして演奏させていただけたご縁に、感謝です。
ありがとうございました。

また年末にも演奏に来れるかもです。


140607_03.jpg




赤とんぼ(熊本)のライブ・レポート

140606.jpg

今日から3日間の熊本ツアー。
1日目は熊本市内の「ケアセンター赤とんぼ」でのライブ。
毎年演奏させていただいている高齢者施設。
今年で5年目です。

45分間のオリジナル曲、しかもインスト。
おばあちゃんたちのおしゃべりが始まってしまいそうなものなのに、
皆さん、ずっと集中して、静かに耳を傾けてくださる。
そしてたくさんの拍手。
ほんとに素晴らしかったと声をかけてくださる。

こういうコンサートの演奏中、僕は時空を越えて、
おじいちゃんおばあちゃんたちとつながりあっているような気がする。
一人一人の人生の道のり、歴史と、シンクロするような感覚になる。

美しい時を、ありがとう。



地球屋(長崎)のライブ・レポート

140601_01.jpg

今日は地球屋セッション・ナイト vol.1。

佐世保のミュージシャン、表現者が交流してゆけるような、
また内外のアーティストにもそれが広がってゆくような、
定期的なセッションしたいと思って、企画しました。


140601_04.jpg

昼はほかおななこ+重松壮一郎の単独ライブ、
夜はthe bentoのメンバーお二人にも出演していただきました。


140601_02.jpg

最後のセッション、なかなか気持ちよく、
また次回につながって行けそうな感触で終えることができました。
のりへいくん(稲尾教彦)が来てくれたので、
詩の朗読も加わったのがよかった。

また2ヶ月に1回ペースとかで企画しますので、我こそは!という方は、
ぜひお気軽にご参加ください。
もちろん、演奏に参加しなくても、
どんなセッションが展開されてゆくかご興味ある方もぜひ。


140601_03.jpg