日々のレポート

2015年6月アーカイブ:


ティア長崎銅座店(長崎)のライブ・レポート

150621_02.jpg
今日は昼から平和文学朗読キャラバンで1時間半を2公演。
そして夜からはティア長崎銅座店さんで、キャンドルナイト夏至コンサート、2時間半!

共演者募集に、多くの方が応募してくださり、15名の出演。
皆さんが声かけをしてくださったお陰で、約50名の満席でした。
本当にありがとうございました。


1部はピアノソロ45分。
2部は共演ステージ1時間ちょっと。

歌、朗読、バンド、ライアー、ライブペイント。皆さんの多彩な表現が重なり合う素敵な時間でした。初めて挑戦してくださった方も、慣れている方も、みんなでうまく一つの流れを作ることができました。

最後は、ソロの「水滴のダンス」で終わりました。


ティアさんでは、毎年11月にも冬のキャンドルナイトを企画させていただいてます。
またぜひおこしください!
ありがとうございました!


-> 11月 冬のキャンドルナイトについてはこちら




平和文学朗読キャラバン@長崎市立図書館(長崎)のライブ・レポート

150621_01.jpg
今日は長崎市内で怒涛の1日。1日3公演。
まずは昼は長崎市立図書館での「平和文学朗読キャラバン」を2ステージ。
NBC長崎放送のアナウンス部の皆さんとの共演。

演奏しながら涙が溢れました。
アナウンサーさんなのに、役者さんのようで、素晴らしい朗読でした。

僕はすべて即興演奏。一音一音大切に、精魂込めて弾かせていただきました。
こうした出演の機会をいただけて、本当に嬉しい。幸せです。

これまで、命のこと、平和のことをテーマに、
コツコツ地道に活動してきてのが、報われた想いでした。
ありがとうございました!


緊迫した、集中し続ける1時間半のライブを2回というのは、
かなりの消耗でした(気持ちいい消耗だけどね)。

そのまま、夜はティア長崎銅座店にて「キャンドルナイト夏至」のライブ!




カフェスローOSAKA(大阪)のライブ・レポート

150619_01.jpg
今日はカフェスローOSAKAで、昼夜2公演。
たくさんのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございました!

昨日は、感覚がけっこう研ぎ澄まされてた感じでした。
体が疲れていたから余計にかもしれない。
ここ数ヶ月で作った新しい曲も弾き、
リピーターで来てくださっている皆さんにも、喜んでいただけました。


実は今回から値上げをさせていただいてました(もともと低めの設定でした)。
それが集客にどう影響するか、気になるところだったのですが、
結果的には、満員御礼。夜の部は今までで最多かもしれないです。
本当に皆さん、ありがとうございました!


次回は年末、12月26日(土)に、
2015ラストキャンドルナイトとして企画します。
ぜひお越しください!

-> 2015ラストキャンドルナイトについてはこちら


150619_02.jpg


森のテラス(東京)のライブ・レポート

150614_01.jpg
今日は東京・森のテラスでのソロ・コンサート。
雨も上がり、少し木漏れ日もさした森のテラスはとても美しい。

前半は今日も完全即興。
溢れるままに演奏しました。

曇りなので森は少し薄暗く、そうすると生まれる音も暗めになります(自然の摂理?)。
でも普遍の穏やかさへと向う気持ちで弾きました。
後半のオリジナルは、定番の「風のゆくえ」、「息をして」、
そして新しいのを3曲でした。


150614_03.jpg
Ustream中継が回線の調子が悪く、何度か途切れてしまい、申し訳ないです。
でも、何人か、聴いたよ〜とご連絡くださいました。
ありがとうございました!


次回の森のテラスでのライブは、7/25(土)です。
その後は10月までないので、ぜひお越しください。
梅雨が明けてたらいいな〜!


150614_02.jpg



キャンドルナイト夏至@カフェスロー(東京)のライブ・レポート

150613_01.jpg
今日は東京・カフェスローでのキャンドルナイト夏至。
わきたにじゅんじさんとの共演も8年目。
今年もお客様に暖かく迎えていただき、とてもいい時間になりました。

今日もほぼ全編、完全即興セッション。
とにかく何も考えずに、その瞬間の閃きと五感を頼りに、体を反応させ、溢れ出るままに演奏する。


150613_02.jpg
前半から飛ばして、100パーで突っ走る。
後半のお互いのソロを経て、最後までまた走る。
クリスタルボウルとのセッション、そしてアンコール。
本当にたくさんの拍手をいただき、照れてしまうほどでした。心から感謝です。


またぜひ聴きにいらしてください。
毎年この時期に企画してます。
ありがとうございました!


150613_03.jpg





たくさんの誕生日メッセージ、ありがとうございます

150609.jpg
今日は誕生日でした。
たくさんの誕生日メッセージ、ありがとうございます。

「生まれて来てくれて、ありがとう」と、
自分の生(せい)を肯定してもらえることほど、
尊いことはないように思えます。

逆に、生を否定されたら、
そこには死しかないように思います。

自らの生を否定してしまった、
そうして生きてきた者にとって、
生を肯定へと転換するのは至難の業です。

でもそれを成し得たとき、初めて生き直しができる、
生まれ変わったように生きられると思っています。

僕は、すごく遠回りをしてしまったけれど、
いま、音楽の道を選び取り、生きています。

時間がかかったけれど、
やっと、自分で自分の生を肯定できようになれました。


僕の音楽は、僕の生の叫び、魂の叫びであり、
それが聴いてくださるかたに共鳴し、
伝わり、肯定してもらえたとき、
僕は初めて、「生きていていいんだよ」と、
生を肯定してもらえたように思えます。

親からもらった生が最初の肯定ならば、
社会の中で与えてもらえた生は、
二度目の肯定なのかもしれません。

僕は、自分がそうしてもらえたように、
音楽を通し、すべての生を肯定したい。
自分の音楽が、芸術、表現が、そうなれるように、
努力したい。

僕の音楽が誰かに響いた時、
その人が、生を肯定されたように感じてくれるように、
生きる力が沸き上がるように。

そして、親として、
我が子の生を、生き方を、一生、肯定し続けたい。


「芸術は長く 人生は短し」。
これからも、がんばりますので、
どうかよろしくお願いします。




| コメント(0) | トラックバック(0)