日々のレポート

2015年7月アーカイブ:


つむぎ5歳の誕生日

150715_01.jpg
戦争法案(安保法案)が衆議院で可決され、
日本中が重苦しかった今日、7月15日。

娘つむぎの5歳の誕生日でした。


150715_02.jpg
今年のリクエストはピザ。
そして去年と同じ特大のモンブラン。


150715_03.jpg
プレゼントはリカちゃんハウス。
さっそく大はしゃぎで、遊び続けました。


150715_04.jpg
一日一日、我が子の成長を見守る親にとって、
誕生日は、無事に育ってくれていることを心から喜び、
またこれからもすくすくと育って欲しいと願う日。

ああ、この笑顔.....。
この無邪気な笑顔を、守り続けたい。


今日がこんな日であっただけに、
心新たに決意したのでした。
お父さん、がんばるよ!


-> つむぎが生まれた時の日記


150715_05.jpg


| コメント(0) | トラックバック(0)

松風ギャラリー(兵庫)のライブ・レポート

150712_03.jpg
今日は兵庫県加古川でソロ・コンサート。

コンサートの前に、加古川の野口神社へお参りにいきました。
実は、重松家の本家が、代々、宮司を務めています。

僕の祖父から、本家とは離れているので、僕は何も知らずに育ちました。
父から、重松家は加古川で神社をやっていると少し聞いたことがあったぐらい。
だから、昨日も初めて足を運んだのでした。


150712_00.jpg
せっかくなので、事前に今回のコンサートのご案内をお送りしてたんです。
そうしたら、現在の当主さんはじめ、3人のかたが、お越しくださいました
(もちろんみんな重松さん)。

家系図も持ってきてくださり、僕の位置を教えてくださいました。
そして、空欄になっていた系譜に、母の名前、妹、弟、僕の妻と娘の名前を
書き入れさせていただきました。
なんだかとても不思議な時間でした。

平安時代から、神に仕える仕事だったようです。


そう言われてみれば、僕がいまやっていることも、
音楽を通じて、神秘的な何かとつながり合い、
それをみんなと分かち合うようなこと。

これからも謙虚に、その世界に身を投じていきたいです。


150712_01.jpg
さて、午後から加古川の松風ギャラリーでのソロ・コンサート。

美しい木目のベーゼンドルファー。響きのよい、ちょうどよい広さのホール。
僕はただただ、演奏に集中し、豊かな響きのなかに身を置くことができました。


前半は40分間の完全即興とオリジナル「tsumugi」。
生と死、光と闇の間を行ったり来たりしながら、綿々と紡がれゆく命の流れ、循環を音にしていきました。

何千人も入るホールをどかんと作って、ビッグイベント以外は埋まらない...と嘆くより、
こんな小さな美しいホールを作って、小さなコンサートをたくさん開くほうが、文化的に豊かになる思う。日本中にこんなホールが増えたらいいのにな。


また帰ってきたいです。
ありがとうございました!


【セットリスト】
第1部
1. 完全即興
2. tsumugi

第2部
1. 魂の舟
2. 忘れえぬ記憶
3. 風のゆくえ
4. 息をして


150712_02.jpg



加西おやこ劇場@加西市民会館(兵庫)のライブ・レポート

150711.jpg
今日は兵庫県の加西市民会館にて、
加西おやこ劇場さんが企画してくださった、ピアノ・ソロコンサート。

とてもいいコンサートになりました。
本当にありがとうございました!


子ども劇場 / おやこ劇場関連のかたはご存知ですが、
企画していただくまでの道のりはとっても長くて。

毎年、7月頃に大ホールにポツンと立ち、たった5分のプレゼン。
ピアノはないし、必死に、言葉で、自分の音楽や想いを伝える。
しかも、何百団体もいるなかで、自分を選んでもらわなきゃいけない。
そんな僕のプレゼンにピンと来てくれて、ご依頼してくださるのだから、
なんだか...涙が出る訳です。

どのコンサートも、全力で演奏するので、ある意味、それは同じなんだけど、
一つ一つが特別です。
これからも、そういうコンサートに出会って行きたいし、
僕自身も企画していきたい。


ありがとうございました!





このblogを購読